斑尾高原

1
目 次
■ガイドをするに当たっての基本的事項 ................................................................................. 9
ガイドの役割 ........................................................................................................................ 9
インタプリター(Interpreter)とは何か ............................................................................. 9
インタープリターの技法、技術、留意事項等 ...................................................................... 9
ガイドをするに当たっての留意点 ...................................................................................... 11
トレッキング中に発生した緊急事態への対処の仕方 .......................................................... 11
トレッキングを楽しむ6つの視点 ...................................................................................... 12
■人文に関する知識 ................................................................................................................ 14
斑尾山の山名起源と薬師伝説 ............................................................................................. 14
大蛇と蝦蟇 ......................................................................................................................... 16
斑尾高原の八坊巡拝(はちぼうめぐり) ........................................................................... 17
斑尾高原の歴史 .................................................................................................................. 18
沼の池の歴史 ...................................................................................................................... 19
沼の原湿原の歴史 ............................................................................................................... 20
斑 尾 山 ......................................................................................................................... 22
火山としての斑尾山 ........................................................................................................... 23
高野辰之と斑尾山 ............................................................................................................... 23
樽本地区の歴史的経過 ........................................................................................................ 25
■気象に関する知識 ................................................................................................................ 28
気象の特徴 ......................................................................................................................... 28
植生の特徴 ......................................................................................................................... 28
2
斑尾高原に雪は何故多く降るのか ...................................................................................... 28
■山で被害を受けやすい生物とその対処法 ............................................................................ 29
スズメバチ ......................................................................................................................... 29
ニホンマムシ(マムシ亜科、マムシ属) ........................................................................... 31
ヤマカガシ(ナミヘビ科) ................................................................................................ 31
応急処置の方法 .................................................................................................................. 32
ツタウルシとヤマウルシ .................................................................................................... 32
毒毛虫 ............................................................................................................................... 33
■自然に関する知識 ................................................................................................................ 35
自然、植物、生物に関する一般的知識 ............................................................................... 35
自然生態系 ......................................................................................................................... 35
植物の光合成 ..................................................................................................................... 36
物質から見た光合成 ........................................................................................................... 37
生態系における光合成の位置づけ ..................................................................................... 38
光合成をする生物 .............................................................................................................. 39
地球温暖化 ......................................................................................................................... 39
木って素晴らしい(木の特徴) ......................................................................................... 42
自然を自然に保つための木の働き ..................................................................................... 45
森の生き物を育むブナ ....................................................................................................... 45
ぶなについて ..................................................................................................................... 46
ブナの寿命 ......................................................................................................................... 46
“アガリコ”って何? ....................................................................................................... 47
3
フィトンチッドってなに ................................................................................................... 48
森林の遷移(「森を創る 森と語る」稲本 正 編) ..................................................... 51
モミジ(紅葉)とカエデ(楓)の違い .............................................................................. 52
斑尾高原のカンバ類 ........................................................................................................... 53
食べ物に葉っぱが何故使われるのか .................................................................................. 54
森林浴の効果 ..................................................................................................................... 55
葉は何故緑色か .................................................................................................................. 57
紅葉と落葉 ......................................................................................................................... 57
花色の不思議(花色はなぜ色々あるのか) ....................................................................... 59
桜の種類 ............................................................................................................................ 60
クマリン(coumarin)の芳香 ................................................................................................ 62
コブシ(辛夷)とタムシバ ................................................................................................ 63
カラムシ(苧麻)とアカソ(赤麻) .................................................................................. 63
ドングリ ............................................................................................................................ 65
天然の浄水器・土 .............................................................................................................. 67
常緑樹の落葉 ..................................................................................................................... 67
植物の雌雄 ......................................................................................................................... 68
人より複雑・・・植物の男と女の関係 .............................................................................. 69
ホトトギスとカッコウ ....................................................................................................... 72
渡り鳥 ............................................................................................................................... 73
■木本類 ................................................................................................................................. 75
ブ ナ ?・山毛欅(ブナ科・ブナ属) ........................................................................... 75
4
ミズナラ 水楢(ブナ科・コナラ属、別名:オオナラ) .................................................. 76
ウワミズザクラ(上溝桜)別名:波波迦(ははか)、金剛桜(こんごうざくら) ............ 76
シラカンバ 白樺(カバノキ科、シラカンバ属) ............................................................. 77
ウダイカンバ 鵜松明樺(カバノキ科・カバノキ属、別名:マカンバ・サイハダカンバ) ................................................................................................................................................ 77
ダケカンバ(カバノキ科・カバノキ属、別名:ソウシカンバ・草紙樺) .......................... 78
ヤエガワカンバ 八重皮樺(カバノキ科・カバノキ属、別名:コオノオレ)準絶滅危惧種 ................................................................................................................................................ 79
リョウブ(令法)(リョウブ科 リョウブ属)(別名ハタツモリ・畑積) ...................... 79
クロモジ 黒文字(クスノキ科 クロモジ属) ................................................................. 80
ハンノキ 榛の木(カバノキ科・ハンノキ属) ................................................................. 80
シナノキ 科の木・級の木(シナノキ科・シナノキ属) .................................................. 81
オオバボダイジュ 大葉菩提樹(シナノキ科・シナノキ属) ........................................... 81
ノジリボダイジュ 野尻菩提樹(シナノキ科・シナノキ属) ........................................... 81
ハウチワカエデ(羽団扇楓)(カエデ科 カエデ属)(別名メイゲツカエデ) ............... 82
オオカメノキ 大亀の木(スイカズラ科、ガマズミ属、別名:ムシカリ) ...................... 83
ヤマボウシ 山法師(ミズキ科・ヤマボウシ属) ............................................................. 84
ノリウツギ(ユキノシタ科 ・アジサイ属、別名:ノリノキ・サビタ) ........................... 84
カラマツ 唐松・落葉松(カラマツ科・カラマツ属、別名:富士松) ............................. 85
トチノキ 栃の木(トチノキ科・トチノキ属) ................................................................. 86
キハダ (ミカン科・キハダ属) ........................................................................................ 87
ナナカマド 七竈(バラ科・ナナカマド属) .................................................................... 88
5
イタヤカエデ 板屋楓(カエデ科・カエデ属・イタヤカエデ変種)日本固有の樹木 ........ 88
サワグルミ 沢胡桃(クルミ科 サワグルミ属、別名:カワグミ・フジグルミ) ............ 89
ホオノキ 朴ノ木 (モクレン科、モクレン属)(別名ホオガシワ) ............................. 89
タムシバ(匂辛夷)(モクレン科モクレン属、別名:カムシバ、ニオイコブシ) ............ 90
オクチョウジザクラ(バラ科、サクラ属) ........................................................................ 91
ユキツバキ(ツバキ科、ツバキ属) .................................................................................. 91
オオヤマザクラ 大山桜(バラ科、サクラ属)(別名エゾヤマザクラ、ベニヤマザクラ) ................................................................................................................................................ 91
ヤドリギ(ヤドリギ科 ヤドリギ属) ............................................................................... 92
ケナシヤブデマリ(スイカズラ科、ガマズミ属)[毛無藪手鞠] (別名ヒロハヤブデマリ) ................................................................................................................................................ 93
ハシバミ 榛(カバノキ科・ハシバミ属、別名 オオハシバミ・オヒョウハシバミ) .... 93
ヤチダモ 谷地ダモ(モクセイ科・トネリコ属) ............................................................. 94
ミズキ 水木(ミズキ科・ミズキ属) ............................................................................... 94
ハルニレ 春楡(ニレ科・ニレ属、別名:エルム・アカダモ) ........................................ 95
ウルシ 漆(ウルシ科・ウルシ属) .................................................................................. 95
ヌルデ ............................................................................................................................... 95
ハゼノキ ............................................................................................................................ 96
ヤマハゼ ............................................................................................................................ 97
ヤマウルシ ......................................................................................................................... 97
ツタウルシ ......................................................................................................................... 97
■草本類 ................................................................................................................................. 98
6
ミズバショウ 水芭蕉(サトイモ科・ミズバショウ属) .................................................. 98
リュウキンカ 立金花(キンポウゲ科・リュウキンカ属) ............................................... 98
ヤマトリカブト 山鳥兜(キンポウゲ科・トリカブト属) ............................................... 98
シラネアオイ 白根葵(シラネアオイ科・シラネアオイ属) ........................................... 98
ミツガシワ 三槲・三柏(りんどう科・ミツガシワ属、一属一種) ................................. 99
アケボノソウ 曙草(リンドウ科・センブリ属) ............................................................. 99
エンレイソウ 延齢草(ユリ科、エンレイソウ属) ........................................................ 100
チゴユリ 稚児百合(ユリ科・チゴユリ属) .................................................................. 101
マムシグサ 蝮草(サトイモ科・テンナンショウ属) .................................................... 101
サンカヨウ 山荷葉(メギ科 サンカヨウ属) ............................................................. 101
カタクリ(片栗)(ユリ科、カタクリ属) ...................................................................... 102
ウスバサイシン(ウマノスズクサ科、ウスバサイシン属) ............................................. 102
ツクバネソウ(ユリ科、ツクバネソウ属) ...................................................................... 103
ナルコユリ(ユリ科、アマドコロ属) ............................................................................. 103
ゴゼンタチバナ (ミズキ科 ゴゼンタチバナ属) ........................................................ 103
ツルリンドウ (リンドウ科 ツルリンドウ属) ............................................................. 104
マイズルソウ 舞鶴草(ユリ科・マイズルソウ属) ........................................................ 104
オタカラコウ 雄宝香&メタカラコウ 雌宝香(キク科・メタカラコウ属) ................. 104
オニシモツケ 鬼下野(バラ科・シモツケソウ属) ........................................................ 104
ヒメザゼンソウ 姫座禅草(サトイモ科・ザゼンソウ属) ............................................. 105
ゼンテイカ 禅庭花(ユリ科・ワスレナグサ属、別名:ニッコウキスゲ) .................... 105
カキツバタ 杜若(アヤメ科・アヤメ属) ...................................................................... 105
7
ツリフネソウ 釣船草(ツリフネソウ科・ツリフネソウ属) ......................................... 106
ワタスゲ 綿菅(カヤツリグサ科・ワタスゲ属、別名:スズメノケヤリ) .................... 107
&サギスゲ 鷺菅(科・属はワタスゲに同じ) ............................................................... 107
モウセンゴケ 毛氈苔(モウセンゴケ科・モウセンゴケ属) ......................................... 107
トキソウ 朱鷺草(ラン科・トキソウ属) ...................................................................... 108
ベニバナイチヤクソウ 紅花一薬草(イチヤクソウ科・イチヤクソウ属) .................... 108
オキナグサ 翁草(キンポウゲ科・オキナグサ属) ........................................................ 108
ミズチドリ 水千鳥(ラン科・ツレサギソウ属) ........................................................... 109
シラヒゲソウ 白髭草(ユキノシタ科・ウメバチソウ属) ............................................. 109
ヨツバヒヨドリ 四葉鵯(キク科・フジバカマ属) ........................................................ 109
サラシナショウマ 晒菜升麻(キンポウゲ科・サラシナショウマ属) ........................... 110
ショウジョウバカマ 猩々袴(ユリ科・ショウジョウバカマ属) .................................. 110
ウメバチソウ 梅鉢草(ユキノシタ科・ウメバチソウ属) ............................................. 110
ギンリョウソウ 銀竜草(イチヤクソウ科・ギンリョウソウ属、別名:ユウレイタケ) .............................................................................................................................................. 111
■鳥類 .................................................................................................................................. 112
オオルリ 大瑠璃(スズメ目 ヒタキ科) ....................................................................... 112
アオゲラ 緑啄木鳥(キツツキ目、キツツキ科)(全長29cm) ............................... 112
アカゲラ 赤啄木鳥(キツツキ目、キツツキ科)(全長23cm) ............................... 113
ツツドリ 筒鳥(カッコウ目、カッコウ科)(全長32cm)(夏鳥) ........................ 113
ヤマガラ 山雀(スズメ目、シジュウカラ科)(全長15―16cm) ........................ 114
シジュウカラ 四十雀(スズメ目、シジュウカラ科)(全長15cm) ........................ 114
8
イカル 斑鳩、鵤(スズメ目アトリ科)(体長23cm,翼開長33cm) .......................... 114
ウグイス 鴬(スズメ目ウグイス科ウグイス属)(別名・春告鳥) ............................... 115
ホオジロ 頬白(スズメ目ホオジロ科) ......................................................................... 115
■両生類 ............................................................................................................................... 117
モリアオガエル (アオガエル科・アオガエル属) ........................................................ 117
クロサンショウウオ 黒山椒魚(サンショウウオ科・サンショウウオ属) .................... 118
■昆虫類 ............................................................................................................................... 120
ミヤマクワガタ(ミヤマクワガタ科・ミヤマクワガタ属) ............................................. 120
ギフチョウ、ヒメギフチョウ ........................................................................................... 120
アサギマダラ 浅黄斑(アゲハチョウ上科・タテハチョウ科・アサギマダラ属) .......... 122
■動物 .................................................................................................................................. 123
ニホンカモシカ 羚羊(ウシ科・カモシカ属、別名:アオジシ・クラシシ) ................. 123
ツキノワグマ 月輪熊(クマ科・クマ属)ニホンツキノワグマ ...................................... 123
ノウサギ 野兎(ウサギ科・ウサギ属)ニホンノウサギ ................................................ 125
■その他 ............................................................................................................................... 127
飯山市の花と樹と鳥と蝶 .................................................................................................. 127
妙高市の花と樹と鳥 ......................................................................................................... 127
季節風 きせつふう ......................................................................................................... 127
関連する事項 .................................................................................................................... 127
9
■ガイドをするに当たっての基本的事項
ガイドの役割
◇斑尾高原の自然をトレッキングを通じて、楽しく分かり易く解説する(インタープリター)
◇トレッキングトレイルの案内人・・・参加者を楽しく安全に案内する(トレッキングガイド)
◇自然保護レンジャーとして、斑尾の自然保護のために啓蒙活動し、行動する(自然保護レンジャー)
インタプリター(Interpreter)とは何か
自然観察、自然体験などの活動を通して、自然を保護する心を育て、自然にやさしい生活の実践を促すため、自然が発する様々な言葉を人間の言葉に翻訳して伝える人をいう(interpret=通訳)。一般的には植生や野生動物などの自然物だけでなく、地域の文化や歴史などを含めた対象の背後に潜む意味や関係性を読み解き、伝える活動を行なう人を総称していう。一般には、自然観察インストラクターなどと同義に用いられることも多い。
なお、インタープリターの行なう活動をインタープリテーション(自然解説と訳されることも多い)という。
インタープリターの技法、技術、留意事項等
1.人間の日常生活に関連した事柄と連係した話題と内容
2.五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)に関連させて体験してもらう。
3.T・P・Oに適合した内容に基づいて体験して貰う内容や話題
Time(時間・季節) Place(場所) Object(目的・対象)
4.年齢・性別・知識レベル等に対応した内容と話題
5.子供(小中学生)を対象にする場合には、可能な限り”動く物”を対象に選ぶ
6.教材としては、実物・模型・図形等を可能な限り準備し、資料の配付を行う
7.長時間の解説は出来るだけ避け、立ったままより座る体勢で聞いて貰う
10
8.質問に対しては、謙虚に対応し、「知ったかぶり」は失敗の元になるので、明確に「知りません」「分かりません」で対応する。また、後日回答する
9.参加者に対して”問いかけ”や質問をして、その反応から話題への関心の程度を確かめる
10.ゲーム(ネイチャーゲーム等)やクイズなどを準備して進行の盛り上がりを試みる
11.休憩時に隠し芸・手品・楽器演奏(草笛・コカリナ等)を披露して雰囲気を和らげる努力をする
12.現地の地域性・歴史・風俗・習慣等を紹介し、これらに関連した話題を話す
13.危険な動植物の紹介と予防法、又対処法と処置法等の説明
14.中高年の女性は、食べられる植物等(山菜・キノコ等)に特に興味を深く持つ傾向があるので、対象を選択する時に配慮する
15.スタート時に日程・ルート・予定時間等の説明、準備運動の実施
16.終了時に当日の話題の集約と「まとめ」及び重要事項の等の説明
17.今後の参考にするためのアンケートの配布と回収
18.終了時間の厳守と安全管理には特に留意する
19.植物の名称は可能な限り、その漢字名等から由来を調べる
20.動植物に関しては、生殖・繁殖性等に興味を持つので関連を調べておく
21.希少種や保護対象になっている動植物の生息場所は紹介しない
22.歩きながらの解説は出来るだけ避け、全員が揃うまで広場で到着を待って、全員の顔の見える位置で話す
23.太陽を背にしての説明は、聞き手である参加者に直接日が当たり、見づらかったり、眩しかったりするので解説者が太陽の方向を向いて話すようにする
24.可能な限り大きな声で全員に良く聞こえるように注意して話す
25.聞き手である参加者の表情や態度に注目しながら、その反応に注意して説明する
26.インタープリターの素質としては、”広く深く”が理想だが、焦らず先ずは広い範囲で、最初は浅いレベルからスタートし、場数をこなして熟練と共に深く腕を磨いて上達を目指すようにする
27.TV・新聞等での最新ニュース・話題に関連した内容を選ぶ
例えば、遭難事件、食中毒(特に山菜・キノコ中毒事故)、クマ被害、ハチ被害、台風・大雨・地震等の天災等
11
ガイドをするに当たっての留意点
(1
) 主役は何か
@第1の主役 自然
A第2の主役 参加者
B第3の主役 ガイド(自分)
(2
) 参加者とガイドの思惑の違い
(3
) ガイドのための準備作業
@
テーマの把握
A
「下見」
コースの確認
シナリオ構成
B
小道具の用意
C
予行練習
トレッキング中に発生した緊急事態への対処の仕方
(1)緊急事態の当事者を安全な広い場所に移動又は収容し、安置する。
(2)多くの人たちに緊急事態発生を知らせ、協力を依頼する。
(3)緊急事態者の怪我、病状等に対応した処置(止血・人工呼吸・安静等の処置)を周囲の人たちの協力を得ながら速やかに行う。
(4)無線若しくは携帯電話で山の家と連絡を取り、事態発生の地点と場所、緊急事態者の状況を連絡する。
(5)状況によっては、山の家を通じて救急車、ドクターヘリ等の出動を依頼する。
(6)山の家を通じ、応援隊(救助隊)の派遣を要請する。
(7)雨天の場合には、患者を出来る限り濡れない場所に(ツエルト・木陰・小屋等)移動収容する。又これらがない場合は持ち合わせのビニールシートや傘等で雨よけを作り対処する。
(8)ガイドは、絶対に医療行為を行ってはならない。
最低・最小程度の応急処置(止血・清潔な冷水等による傷口の洗浄、保冷等)を行う。
12
傷口の補修等は、雑菌による感染症の危険を伴う医療行為になるので、絶対に行ってはならない。
飲み薬の服用についても医療行為に含まれるので、当事者本人が日常服用している薬以外は、服用させてはならない。
(9)ガイドとして行うべき事は、救急搬送を速やかに行い、救急車・医療機関に当事者を出来る限り迅速に引き継ぐことである。
そのためには、ガイド自身が沈着冷静に対処し、慌てないことが肝要である共に事前のコース等の下見で危険箇所のチェックを行い、緊急事態への対処法等を研究しておく心構えも重要である。
トレッキングを楽しむ6つの視点
ネイチャーガイドである橋谷 晃(はしたにあきら)氏は、自書「自然を歩こう!トレッキングのABC」の中で、トレッキングを楽しむための視点として次のことを挙げている。
(1
) センス・オブ・ワンダー
“神秘さや不思議さに目を見張る感性“を持つこと。
(2
) チョット立ち止まってみる余裕
心に何か残るトレッキングにするためには、黙々と歩くだけではなく、“チョット立ち止まって周囲の神秘さや不思議さに感心を持つ”ことが必要である。
(3
) 角度を変えて自然を見る。
私たちは、通常目線の高さで物を見ているが、これを変えてみることによって、違った自然の姿が見えてくるのである。
(4
) 音を感じ、広がる感覚の世界
目で見るだけではなく、意識して耳を利かせて見ることも大切である。
自然は、様々な音を持っていて、まるでオーケストラのようだ。
(5
) 触れる、香る。アクチュアルな癒しの世界
自分自身の手で、身体で実際にそのものに触れてみることは、人の感性を呼び起こし、そして豊にするのである。
(6
) 味覚で感じる自然とのつながり
私たちは、他の生き物の生命を体の中に取り込み、その生命の繋がりの中で生きている。
13
山に入った時、山菜をひとつまみ採って味噌汁の中に入れて食べてみることで、自然の営みと生命の繋がりを感じることができる。
これらの山菜は、私たちだけではなく、その地に住む人たちの貴重な食料となり、クマやカモシカやノウサギなどの色々な動物たちも食べている。
こうしたことを考えてみた時、色々な生命の源であることが解る。
とても根こそぎとるわけにはいきませんね!
14