黒姫高原 コスモス園

信州に住むダンさんとカミさんは
それぞれの季節に、必ず観ようと決めている景色があります。
例えば、春の菜の花、夏の高原、秋の紅葉、冬の雪景色・・などなど。

この季節のコスモス畑もその大事なひとつです。
数年前、黒姫童話館に行った時に、偶然、コスモスの満開時期にぶつかり
百万本のコスモスに圧倒されました。
以来、満開時期を今か今かと待ちながら、黒姫高原コスモス園に向かうのです。

今年はいつもの年より酷暑の夏で、コスモスの満開時期が早まるのではないかと心配で
実は今季は3回目の訪問です。
1回目は3分咲き・・どころか、まだ緑地帯という雰囲気。
2回目は7分咲き、まあまあでしたが、今一歩。
そして9月中旬、満開の噂に居ても立ってもいられず、どんより曇った空模様でしたが
汚れても良い格好と、雨傘を持って、でかけました。
黒姫コスモス園1
あいにくの曇り空
黒姫コスモス園は、
先に紹介した「黒姫高原童話館」のすぐそばにあり、
駐車場も共通です。
連休の初日という事もあり、大駐車場は満杯。
すぐ下の第二駐車場に停めます、
そこも県外ナンバーがイッパイ。「名古屋」「福井」「姫路」など。
それから神奈川方面からの観光バスもイッパイ。
いつもの通り、車のナンバープレートを見ながら、
それだけで遠い地に思いを馳せて満足する二人です。
黒姫コスモス園2
第2駐車場のほうから、第一駐車場を見る。ちょっと無粋な看板。
でもわかりやすいね。
大きくすると、ズラッと並んだ車がよく見えます。

コスモス園に入る途中の道もすでにコスモスが咲き乱れています。
公園近くのお蕎麦やさんがコスモスの中で、
まるで洒落たカフェのようですね。
映っているコスモスもまだ公園内ではありません。
道端のコスモスです。
黒姫コスモス園3
黒姫山麓の約3.8ヘクタールの広〜い高原に約100万本のコスモスが咲き揃う姿は感動ものです。
スキーのゲレンデに咲き乱れているので、傾斜地を登って振り返れば遠くに野尻湖や北信五岳。
爽やかな秋の風に吹かれて、季節を肌で感じられる絶好の地です。
最近になって入場料300円が徴収されるようになりました。
これだけ人気があれば、管理も大変だから仕方ないでしょうね。
撮った写真をご紹介しますが、ここは、やはり実際に風に吹かれて揺れるコスモスを
ぜひその目で見て頂きたい、風を感じて頂きたい、そんな地です。 
                                  (2002年9月中旬)
黒姫コスモス園4
黒姫コスモス園5
傾斜地なのがおわかりですか
左の写真はスキーのリフトですが「パノラマリフト」として動いています。
片道400円、往復700円です。今回は展望が悪そうなのでパス。
向うに見えるのは、先日ご紹介した「黒姫童話館」です。
黒姫コスモス園6
中央に見える湖が、先日ご紹介した、野尻湖です。
黒姫コスモス園7
コスモスの畑の中には、入ってはいけません。花が痛みます。
でも檜のチップが敷かれた散歩道が
ずっと上まで続いていますので、
コスモスを間近でじゅうぶん観賞できます。
黒姫コスモス園8
黒姫コスモス園9
畑の中に入っているように見えますが、遊歩道にいます。
みなさん、こうして記念写真を撮っています。
白い花の方は、先日 童話館の帰りに訪れた時のものです。

                     
黒姫コスモス園10
長野県上水内郡信濃町黒姫高原
TEL 026−255−3171
■開園期間
  [7月中旬〜10月中旬]
■入園料
 ・大人 300円 小人 200円(小学生)
 ・開園時間 8:00〜17:00

斑尾高原周辺旅行記メニューに戻る
斑尾高原観光&宿泊案内

斑尾高原ロッヂポラリス斑尾高原ロッヂポラリス


斑尾高原ロッヂポラリス逆リンク