妙高 いもり池


妙高高原駅から池の平温泉の方に車で10分ほど走ると、この「いもり池」があります。
周囲500メートルほどの、そう、本当に「池」というイメージの小さな観光スポットです。
車で訪れたのですが、駐車場に車がたくさんいるのに驚きました。
大駐車場には観光バスまでいます。
車から降りて池の周囲を散策したのですが、観光客の多いのにまたビックリ。
マイナーな池だと思っていたのは私達だけのようでした。
みなさん、いもり池に映える新緑を楽しみに来たのでしょう。

妙高いもり池

天気がもっと良ければ妙高山がクッキリみえるそうです。
でも靄がかかった遠くの山並みを見るのもまたいいものです。

そうそう、ココの名称「いもり池」
なんでそんな変わった名前が付いたのかな・・何かワケがありそう・・
と、思ったら、なんて事はない。
この池に「いもり」がたくさん生息してるんですって。なあんだ。

でも、私達が歩いている時は「いもり」は登場しませんでした。

妙高いもり池

鏡のように池に写る緑ってなんでこんなに美しく感じるのでしょうね。
隠れていた絵心や芸術心が刺激されるような・・刺激されるだけですけどね。
同じ思いを実行に移したカメラマンや画家達が池の周囲に点在していました。

妙高いもり池

池の周囲がとても整備されていましたが、観光客の方の話によると、
つい最近やっと整備工事が済んだとか。
東屋や、お休み処もあって観光客を睨んだ感じの作りです。
私達は自然のまんまの方が好きだけれど、
でもこの景色もなかなかでしょ。

妙高いもり池足湯

そうそう、オマケ画像みたいなものですが、いもり池入口付近で
足湯のコーナーがあったんです。
無料ならいいんだけど200円です。
なんか足だけ入れて200円はちょっと・・
昨日入った素晴しい「不動の湯」も200円だと思うとねえ。

お財布の紐を固くして、二人は「苗名の滝」に向かいます。

斑尾高原周辺旅行記メニューに戻る
斑尾高原観光&宿泊案内

斑尾高原ロッヂポラリス斑尾高原ロッヂポラリス


斑尾高原ロッヂポラリス逆リンク