燕温泉 黄金の湯


6月初旬
(河原の湯のつづきです。まだ河原の湯を読んでない方はそちらからどうぞ) 無料
日の出から日の入りまで
冬季(11月〜5月閉鎖)
ゆっくり河原の湯を楽しんだ二人だが
ここまで来たら黄金の湯にだって入って行かなくちゃ。
河原の湯が、想像よりずっと良かったので
黄金の湯への期待も自然に高まる。ワクワク。
黄金の湯は、温泉街からそう遠くないし、
道も河原の湯へ行くような細道ではない。
丘を登る感じかな。
結構勾配がキツイので、運動不足の身体にはこたえる。
でもまあ、音をあげる前につくから、大丈夫。
「黄金の湯」と書いた看板が見える。
あ、ここだここだ。
カミさん、跳んでいく。
燕温泉黄金の湯1
燕温泉黄金の湯2
あれ?
なんでカミさんが笑っているかというと、カミさんが真っ直ぐに入っていったところは男湯。
確か、男女別とあったので、そのつもりで来たが
ここは、男女別とは言えない。
二人に言わせると、混浴の真ん中に大きな岩がある・・
その程度。
男性用脱衣場。露天風呂に面している。
女性用はもう少しマトモ(?)、
男性側から見えないようになっている。
燕温泉黄金の湯3
燕温泉黄金の湯4
男湯
岩の向こうが女湯
燕温泉黄金の湯5
女性用露天風呂を入口付近から見る
岩の向こうが男湯
女湯と脱衣場を見る。
この撮影、全部男湯からダンさんがしている。
無理な体勢でもなんでもない。
白濁しているのと、一応男女に別れているので、
カミさん始めあとから来た2組の夫婦も、
タオルを巻かずに入ったけど
男性陣が気をつかってくれないとアブナイかな。
燕温泉黄金の湯6
燕温泉黄金の湯7
女湯から男湯を撮影。
ここも、境近くで、立つだけで撮れる。
黄金の湯は河原の湯に比べて、湯の温度も高い。
岩で仕切られた男湯の方に湯が出ているので、
こちらの方が熱めのようだ。
混浴同然といっても温度は随分違う。
始めはふたりだけだったので、仕切り近くにいたが
しばらくすると他の夫婦が入ってきたので、
お互いの湯船が見えないように少し離れる。
そのうち、一組はさっき河原の湯で一緒だった組。
同じコースを辿ったよう。
「こちらの方が熱いですね」と挨拶。
燕温泉黄金の湯8
燕温泉黄金の湯9
白濁の感じは、河原の湯の方が濃い。
でも、ここは湯ノ花がスゴイ。
湯を波立たせると底から湧いてくる感じ。
硫黄臭も河原の湯と同様、気持ちよく鼻を突く。
燕温泉黄金の湯10
男湯に浸かって景色を眺める
他のご夫婦が来てしばらくすると、女湯より温度が高い男湯のダンさんが、そろそろ出たい様子。
それでは、と上がることにする。
脱衣場で気がついたが、張り紙があって、清掃タイムがあるらしい。
毎週 月曜日と 金曜日、9時から11時まで黄金の湯。11時から12時に河原の湯。
折角来て無駄にならないように、しっかり覚えておかなくちゃ。
二人で大満足の顔で、駐車場に向かう。
いやあ、何度も言うけど想像していたよりずっと良かった。
ロケーションの良い、でも周囲から丸見えの落ち着かない野天を漠然と想像していた。
それとも自分たちが野天に慣れたのか・・自分のことはわからない。
でも、白濁した露天風呂で、景色を眺めながら、幸せな気分に浸れたことは確かだ。
こんなに素晴しい露天風呂を無料で開放してくれて、しかも清掃などの管理をしてくれる方々に感謝。
そして、この温泉がいつまでも楽しませてくれるよう、私達も大切に大切にしなくては。

朝早く行って、帰ってきたのはなんと午前中の10時半すぎ。
それでも、随分ゆっくり出来たのだから、我々は恵まれているかもね。
きょうは特別。
念願の燕温泉に行けたことを祝って、昼間だけど、カンパーイ!
新潟県中頸城郡妙高村関山
TEL:0255−82−3111(妙高村役場)

斑尾高原周辺旅行記メニューに戻る
斑尾高原観光&宿泊案内

斑尾高原ロッヂポラリス斑尾高原ロッヂポラリス


斑尾高原ロッヂポラリス逆リンク